恐怖! 高専より電話が来る!!   

一日一回クリックお願いします.<(_ _)>
ブログランキング・にほんブログ村へ


3月31日。


午前11時。





そう。





あの電話は、俺が今から図書館へ行こうと出発準備をしているその時、かかってきた。















「トゥルルルルル・・・」




まぁ、いつものように鳴り響く電話。




で、一番下の弟が電話に出た。



「うん・・・。います。」


なんて言ってる。





で、「〇〇兄ちゃーん。電話ーー。」
(〇〇はいつもどおり、自分の名前)



と言ってきた。




まぁ、友達からの電話とかだろう。



で、弟に「誰から?」と聞いた。



すると弟。





「高専からー」








えぇえ?!?!?!





同じく聞いた母さんの顔が驚愕し、俺は頭から血の気が去る。




え・・・・。



確か、留年した生徒には電話がかかってくると聞いたことがある。







恐る恐る、電話に出てみる。



頭では必死に留年に必要な単位を計算し、自分が留年してない事を検証する。






「はい・・・。もしもし〇〇ですけども・・・・・・。」




冷や汗をかきながら電話を取る。





「あ、◆◆だけども・・・。」
(◆◆は先生の名前)




ん・・・・?


◆◆?




担任ではないな・・・。

いや、留年とかは担任じゃなくて特別な課があるのかも・・・・・。




そう思いながら生返事を返す。











「寮のことでお知らせがあります。」






ええ?


あ?


あぁ・・・。





よかった!


留年じゃねぇ!!!



ならば気持ちは軽い。










で、先生の話によると、留年性が一人出たから、一人部屋の俺がそいつとなれってこと。












ってえぇぇええぇ?!?!





え、せっかくの一人部屋だったのに、見知らぬ人とオレ相部屋ですか????




そんなのってねぇわぁ・・・・。



おいおいおいおおいおいおいおいおいおいおいおいおい・・・・・・・。




どうするよ俺。


これじゃホワイトプランなんてのは断念せにゃぁならんし、まず、社会性の薄い俺にどうしろと・・・・。




うううむ。



留年ではなかったが、留年に関係ある話だったなぁ・・・・・。



うううううむ。


どうやら留年とは縁があるようだ。


逃げても逃げ切れんのか?




さてさて。




いろんな意味で寿命が縮まりそうなリキペディア。




来年度から俺に春が訪れるのか・・・・・?

やれやれ・・・・・・・・・・。







一日一回クリックお願いします.<(_ _)>

ケータイの方はこちらから↓
にほんブログ村 男子高校生

ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキングに貢献お願いします。<(_ _)>
[PR]

by rikipedia | 2009-03-31 18:32 | 歴史バカの日記

<< 提督の決断Ⅳ攻略。 第6回目。 面白いチェンメ。~嵐の宿題くん... >>