北朝鮮ミサイル打ち上げ。日本の防空体制は?   

一日一回クリックお願いします.<(_ _)>
ブログランキング・にほんブログ村へ



さて。題名の通り。


来月4日あたりに北朝鮮が人工衛星かミサイルのどちらかを発射する模様。



外見上はミサイルも人工衛星も同じだから迎撃は困難を極める。




しかも、北朝鮮は人工衛星の発射許可を正式な(法的)手続きの上で進めている。

過去、いきなりミサイルを発射するような国が正式な何の問題もない手順で秘書う物体を打ちあげよう手しているのは不気味であると言わざるを得ない。


しかし、これでは打ち落としにくいことこの上ない。


撃ち落として、衛星とわかれば各国から非難の声が降り注ぐだろうし。

撃ち落とさず、ミサイルだったならば自国の民間人に被害が及ぶ。



さて・・・・。
首相や官僚にかかる圧力はいかほどのものか・・・・・・。





で。
俺は一番いい方法を考えた。

それは。
「ミサイルを撃墜しない」
ことである。





もし、人工衛星ならばそのまま打ちあがるのだろう。


ミサイル、もしくは人工衛星の打ち上げ失敗で自国に落ちた場合。
そして、国民が犠牲になった場合。



世論は北朝鮮を激しく抗議し、米韓が開戦へ向けて大きく動く。

もちろん、露中が北朝鮮よりの姿勢を見せることは想像できる。


両国は1950年の朝鮮戦争でも北朝鮮に加担してたからな。
参照(http://www.youtube.com/watch?v=aChMHPLmf5Q&feature=related




さて。どうだろうか。

ミサイルを撃ち落とすふり・・・。


あり得んでもない。





さてさて。ではでは。




一日一回クリックお願いします.<(_ _)>

ケータイの方はこちらから↓
にほんブログ村 男子高校生

ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキングに貢献お願いします。<(_ _)>
[PR]

by rikipedia | 2009-03-28 02:05 | 歴史バカの日記

<< 提督の決断Ⅳ攻略。 第5回目。 提督の決断Ⅳ攻略。 第4回目。 >>