「ほっ」と。キャンペーン

提督の決断Ⅳ攻略。 第一回目。   

一日一回クリックお願いします.<(_ _)>
ブログランキング・にほんブログ村へ




3月9日。月曜日。




さて、では前に言ったとおり、行きますかね。


さて。


プレイ国はもちろん、大日本帝国


状態は通常。(日独VS米英)



時代は「群狼作戦」
(イギリスがドイツに宣戦布告した39年9月)





さぁて。


あ、のんびりプレイなんで。
(本人的には急ぐつもりらしいが、準備期間が悠長である)








さて。いっちょ、スタート!!!



あ、前にも書いたように、ゲーム内で半年か、現実世界で3時間経ったら区切りにします。


ではではーーー。
























1939年9月。


「軍令部より、報告。 本日未明、大英帝国はドイツ第三帝国へ宣戦布告。 米国は大英帝国支持を表明。開戦へ向け、準備を開始した模様。 我が国も、急ぎ準備を整えて下さい。  -司令長官の健闘をお祈りいたします。」





さて、毎週ごとに書いていたら長くなるので、報告は一ヶ月毎にするよー。
(戦略画面での1ターンは1週間。1ヶ月は4週間。つまり、4ターン。)


この頃、まだ日本と米国は参戦しておらず、そのため、たっぷり準備できるわけだ。




ともかく、自分流で行くと、圧倒的な戦力が大好きなため・・・・。


つーか、資源大国である英米に勝つには技術しかないため、技術が最大になってから攻め込むことにする。




ん?

ゲーム知ってるから詳しい説明は省けって?

いやーー。

やっぱ知らない人も見るからさーー。


つーか、むしろ。






知らない人しか見ないから。

そう。

提督の決断やったことのない人(主に友人)がこのブログのヘビーユーザーなので。苦笑。


懇切丁寧に説明しなければ。







さて、まず、39年9月。



自国の収入やらを調査する。


ふむふむ・・・・・。


資金・71300

石油・29000

鉄鋼・43000

アルミ・21714




ほう。


備蓄はそれなりにあるな。

まぁ、開戦ともなればすぐに消えるのだろうが・・・・。



収入は・・・・。


資金・1700

石油・200

鉄鋼・600

アルミ・300





え、ちょ・・・・・・。


泣いていいすか?



いくらなんでも少なすぎる。

これじゃぁ、戦争してでも資源が欲しいわけだ。



で、技術は・・・・。


あ、これも悲惨。



軒並み0ばっかり。


えー。唯一、「砲」の技術レベルだけ80以上ありますが・・・・・・・。


ほかは四捨五入すれば0、もしくは本当に0。

電子レベル0・・・・・・。



戦時中、レーダーじゃなくて目視だった日本軍。


理由がよくわかるよーーーーーーー。






さて、技術最大レベルは200。

1ターンに最大3レベルまで増やせる。


まぁ、1レベルだと資金200、2レベルなら資金500、3レベルなら資金1000が必要なので、効率としては2レベルずつが今の備蓄資金と相談してちょうど良いな。



さて、技術の種類は全部で7種類あり、

「砲」 「製鋼」 「機関」 「電子」 「工業」 「通信」 「航空」

となっている。




まぁ、どれがどれに関係してるか大体分かるかと。


えー。
わかりにくいと思われる、「機関」は艦船のエンジンに関係。性能が良いと艦船の設計時、最高速度が上昇し、改造の幅も大きくなる。


「工業」が大きいと、1ターンに製造できる最大航空機機数が上昇したり、艦船の造船にかかる期間が短くなります。

あと、収入(資金のみ)も増加するらしく。

まぁ、自国産業が豊かになるんだからあり得るのかなぁと・・・・・。






さて。

・・・と言う訳で、今月はドイツに石油2000×4ターン輸出(輸出すると技術支援が受けられる)と、各レベルを2ずつ(製鋼と機関、電子は3つずつ)上昇させる。




さて、その間、ドイツ第三帝国と大英帝国は北海をめぐって激戦。


攻めたり、攻められたりの繰り返し。




さて、10月。

まぁ、基本同じ。



石油の備蓄が20000を切ったため、輸出は資金に変更。

同じく英独が激戦。

どっちも攻めては敗北し、攻めては敗北。の繰り返し。



さて。11月。


今月は、探知レーダー(相手のレーダー波をキャッチするもの)と、高性能火薬(射程距離増大)が開発された。


あと、砲の技術レベルが100突破。


ドイツに資金を1回提供したら、ドイツの技術レベルと同等に。よって、今後は輸出しない。(相手の方が低い、もしくは自国が最大だと効果なし。)


さて、そのドイツはイギリスと適当に海戦。



12月。

今月はなんと、艦船に搭載できる、「対空レーダー」が開発された。


いやー。終戦間際にようやく出来た日本とは大違い。

これもドイツに石油を輸出して電子レベルを向上させた結果でありますな!!




ドイツはイギリスと略。





年が明けて、40年。
1月。

自国、特になし。


ドイツとイギリスの海戦を行う回数がめっきり減った。


恐らく、双方ともに最初からある戦力を使い果たしたのだろう。




2月。


さて、艦船に搭載できる、「対水上レーダー」が開発された。

これもドイツに・・・略。


あ、工業技術レベルが100突破。



今月はドイツとイギリス間で、一回も戦闘なし。


資源収入ではイギリスが圧倒してんのに、よく持ちこたえてるな・・・。ドイツ。
やはり、技術か。




さて・・・・。ゲーム内で半年経ったな。




これにて今回はここまでーー。







あ、つまんないってか?


いやぁ・・・。



提督の決断は戦闘が楽しいんす。


なので、こんな準備期間は正直ヒマ。



ただの「作業ゲー」となっている。



毎ターン、毎ターン、技術レベル上げて、結果をノートに書いて。





まぁ、あとの戦闘が楽しくなるための布石の段階なので。



今しばらく、我慢をーーー。





さてさて。ではでは。




一日一回クリックお願いします.<(_ _)>

ケータイの方はこちらから↓
にほんブログ村 男子高校生

ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキングに貢献お願いします。<(_ _)>
[PR]

by rikipedia | 2009-03-10 00:41 | 提督の決断Ⅳ 攻略

<< 提督の決断Ⅳ攻略。 第2回目。 北朝鮮「衛星迎撃には報復」 >>