MSイグルー重力戦線「あの死神を撃て」   

12月27日。土曜日。



MSイグルーの続編と言うか連邦軍視点の物語である「重力戦線」をDVDレンタルしてきて先ほど鑑賞したぜぃ。






いや~。うん。

これはいい!!!



フルCGの精巧さと実際の戦場を限りなく追及したリアル性!!


・・・・・まぁ、もちろんザクなんて言う機動歩兵は実際に存在しないのでリアルじゃないと言われかねないが。
そこはアニメなので「なぜあるか」、ではなく、「もしもあったらどうなるか」、を考えながら見た方が楽しめる内容。

大体そこを追及したら全てのアニメが水泡と化してしまうからな。
「そんなものない」の一言で終わってしまうのは少し悲しすぎる・・・・。苦笑。




以下、物語のネタバレあるので注意!!!





まずいきなりジオンのムサイ級軽巡洋艦と連邦軍のサラミス級巡洋艦が戦闘しているところから。



そこへHLV(丸っこい物資輸送用の大型宇宙船)の大群が地球へ降下。



そこから大量のザクやマゼラアタックが出てきて連邦軍はなすすべもなく撃破。

歩兵や61式ではジオンのザクには無力!!



第一次降下作戦の目標であるオデッサ。


第二次降下作戦の目標である北米大陸。


第三次降下作戦の目標であるアフリカ大陸。



そのほとんどをジオンは短期間で占領。
そして物語は連邦軍が敗戦を続けるヨーロッパ戦線で起こる。


対MS特技兵。


歩兵用の誘導弾ミサイル「リジーナ」でザクへ立ち向かう小隊を描いた話。
相手は地上用のザク3機。

はたして連邦軍の兵士たちは・・・・・。




この話ではいつも「やられ役」として有名なザクが大活躍。

初戦でジオンが活躍した理由がよぉく分かる作品。

やはりMSという新たな兵器のカテゴリーは旧式兵器である戦車や航空機、歩兵を圧倒。


MS最強伝説だ!


さてさて。ではでは。
[PR]

by rikipedia | 2008-12-28 02:59 | 歴史バカの日記

<< 涼宮ハ◆ヒの憂鬱で有名な お笑い番組見ながらそれは禁句だ!! >>